自動車学校/初めての免許や再取得の方は取得時講習が必要です

普通免許の取得時講習(応急・高速教習)
普通車の仮免許技能試験に合格して、仮免許証が交付されたら
特定教習(取得時講習)を出来るだけ早く受講しましょう。

取得時講習(応急救護・普通車講習)の終了証明書がないと免許証がもらえません。

通常、取得時講習は本免許技能試験合格後に運転免許試験場から配布される会場にて受講します。

混雑時には予約待ちで約1ヶ月ほど先の講習になる場合があります。
当教習所では、仮免許交付後本免許証交付の間で受講できる特定教習を行っています。
事前に受講することで、本免許合格から免許交付までの期間を短縮できます。
早く免許を交付するには事前に特定教習(取得時講習)を受講しましょう

 

 

普通免許,車,自動車,取得,試験,交付,取得時,応急,講習
取得時講習の待ち日数が多いので、近隣の他府県(大阪府、奈良県、その他関西圏)の方もご利用されます。

講習内容・料金

当教習所の特定教習は2種類のコースをご用意しております。

Aコース 受講料金:17,000円
普通車講習+応急救護処置講習+学科教習1H
※1時間の学科はPC学習となります。

Bコース 受講料金:22,000円
普通車講習+応急救護処置講習+技能教習1H
※技能教習は縦列・方向変換。(グループ教習の場合あり)

医師などの資格をお持ちの方は応急救護処置講習が免除されます。
免除される資格の詳細については運転免許試験場にお問合せください。
応急救護免除者は上記より5,000円引き。

特定教習は理由の如何に問わず、キャンセル・変更不可となっております。
ご予約の際にはご注意ください。

受講に必要な持ち物

  • 受講料金
  • 写真2枚(2.5×3cm、受験票に使用したものと同じサイズ)
  • 印鑑(認印、シャチハタ不可
  • 仮免許証
  • 免許証(無い方は受験票、又は住民票)

応急救護免除者は当日に必ず資格証をご持参ください。

当日は運転のできる服装でお越しください(サンダル・ハイヒール等不可)

講習風景

特定教習(取得時講習)の応急救護講習風景
兵庫県神戸市に西区の自動車学校で応急救護を実習している様子
再取得の方は取得時講習だけでなく、処分者講習も受講する必要があります



普通免許,車,自動車,取得,試験,交付,取得時,応急,講習

トップページへ戻る    上へ戻る    前のページへ戻る